家づくり工房から生まれた庭づくりブランド

アトリエポルト

お知らせ

現実の写真と外構CADデータの写真合成 お知らせ

2021.08.22

こんにちは!今回は、「写真合成」についてご説明します。

アトリエポルトでは、見て分かりやすい外構プレゼンテーションを作成し、お客様にご覧頂いています。

ご新築の場合は建物が未完成の場合が多く、プレゼンテーションの全て(お家・外構部分)はCADデータとなります。

 

しかし、すでに建物が完成済みのお客様の場合、実際の外観写真を取り込んでデータを作ることもできます。

現実に建っているお家とデータを合わせる事で、色味を合わせたり、使用の際の動線が確認できます。

 

下記は、現実の現地写真にCADデータを合成させたものです。

お家・外構部分はCADデータで出来ています。

 

 

施工内容は

 

○アプローチ・ウェルカムウォール(表札・ポスト)

○土間コンクリート(目地:人工芝敷き)

○ドッグラン

○レンガ・カラーコンクリートによる階段(ウェルカムウォールの右側)

○枕木+コニファー(目隠し)

○物置(2種類)

○防草シート+砕石敷き(建物裏側)

 

です。

実際に施工終了後が下の写真です。

 

こちらも、現地写真とお家・外構のCADデータを合成しています。

植栽が本物に見えますが、CAD内にあるオブジェクト(3D)です。

ちなみにウッドデッキ部分もCADで作成しています。

 

 

施工終了写真が下の写真です。

撮影時期が秋だったので、現実の写真では芝生が茶色くなっていますが、夏になればちゃんとCADデータのように緑になります!

 

現実の写真を使い、外構データを合成すると、本当に現実感があります。

今のお家まわりの使い方や、駐車場をどうしよう?と悩んでいる方、是非ご相談頂ければと思います!